海ドラ恋リア

恋愛リアリティショーが大好きな女の海外ドラマ感想ブログ

【映画】愛しのアイリーンを見たネタバレ感想 吉田恵輔監督好き以外は観たらダメな映画

愛しのアイリーン ネタバレ あらすじ 感想

愛しのアイリーンを観ました。

原作は漫画のようです。

ヤフー映画の評価も良かったし、フィリピン嫁をもらうという、現実に起こってる現象にも若干興味があり観ることにしたけど、映画序盤からジメッとドロッとしていて「観るべきじゃなかった〜」と思ってしまいました。

そのわりに最後まで観てしまったので感想を書きたいと思います。

 あらすじ

岩男(安田顕)はパチンコ屋で働く冴えない42歳独身。
未だに年老いた両親と一緒に暮らしている。

職場での痴情のもつれや、父親から「自立できないお前は結婚できない」などと言われたことで嫌気がさした岩男は、突然フィリピン婚活ツアーに参加する。 

婚活パーティー途中で疲れて来た時、積極的に来るアイリーン(ナッツ・シトイ)と結婚することした。

愛しのアイリーン ネタバレ あらすじ 感想

アイリーンを連れて日本に帰った岩男。

母親のツルは猛反対。

フィリピンから嫁を連れて帰ったことで岩男の平凡な人生が覆る。

 

公開:2018年 日本

上映時間:137分

監督・脚本:吉田 恵輔

原作:新井 英樹

出演:安田 顕、ナッツ・シトイ、河井 青葉、田中 要次、福士 誠治、伊勢谷 友介、木野 花

 

スポンサーリンク
 

愛しのアイリーンを見た感想

ここからネタバレありご注意ください!

とにかく!!アウトな連中ばかりで気持ちが悪くなった。

やべっちとマツコの『アウトデラックス』は笑えますが、中には笑えないような際どい人も出てきますよね。

あれに出てくる人たちも相当やばいんだけど、やべっちやマツコ、山ちゃんが面白くイジってくれるので怖さがわからないのだろうか?

『愛しのアイリーン』に出てくる人たちは怖すぎるアウト軍団です。

岩男

最初は気の弱い優しい中年かと思ったけど、人を殺した後からは一気に豹変。

絶体絶命になった岩男の行動がクソすぎる。

アイリーンにキツくあたる姿、性的なことしか頭の中にはない。

もっとやるべき事あるだろ。

人間、どうでもよくなると理性まで失うんですね。

お見合い相手を肴にした自慰行為もわいせつ罪じゃない?

田舎は人通らないからこんな事が大胆にできるんだろうか。

ヤスケンさんのこの時の顔は笑うとこだったんだろうか?

ひどい表情してたけど、男の人ってオ◯ニーの時こんな顔なるの?

笑えるというよりめっちゃ気持ちが悪かった。

愛しのアイリーン ネタバレ あらすじ 感想

愛子さん

愛子さんの配役良かったよねー。

原作とは異なるようで賛否あるようですが、美人なのに影があって負のオーラ全開なのがマッチしてました。

シングルマザーで頑張ってる健気な女性なのかと思ったらヤリマンというオチ。

「真剣なのは勘弁」なんて、男性からしたら女神みたいな女性じゃない?

そうなんだけど、愛子さんも誰かに深く愛されたいと思ってたんじゃないかな。

「アイリーンちゃんにいくら払ったの?」

「470万」

「私にそんなに払ってくれる人はいない」

と切ない顔をする。

女はお金で愛情を図る。

お金で愛情は買えないけど、お金をどれだけ出すか、時間をどれだけ作るかで男の本気度を探る。

 

スポンサーリンク
 

 

この映画はメッセージ性なんてあったんでしょうか?

感想をひとまとめにすると、一寸先の未来を想像できない人たちの集団。

環境がそうさせるのか、岩男を筆頭に取り巻く人物がみんなそう。

少し考えたら人を殺さないだろうし、自暴自棄になってフィリピンに嫁探しに行かない。

ヤリマンだって近場で済まさない。

周りがそうだから思考がそうなってしまうのか、とにかく負のオーラしか感じられない腐臭漂う映画でした。

 

少し明るい光が差し込む瞬間のシーンもありました。

岩男とアイリーンが少しづつ心を許し合うシーン。

愛しのアイリーン ネタバレ あらすじ 感想

「アイリーン愛してるよ」

「イワッオサーン」

アイリーンは本当に好きな人と最初はしたいと、岩男を拒否しまくってましたが異国の地、日本で頼れるのは岩男だけ。

岩男はまあ、優しい。

そうなると少しづつ好意を持つよね。

岩男が優しいのは人を殺すまでですが。

 

もう一つ思ったのは愛が歪んでるっていうこと。

ツル

ツルの岩男への愛情はねじ曲がってます。

所有物化してました。

結婚相手は自分が決めたい。

岩男の部屋は覗き見する。

愛子の存在を知ったら殴り込み。

これにも理由は一応ある。

やっと授かった岩男が可愛くてしょうがなかったのでしょう。

だからといって支配しようとするのは歪んでる。

私も母親だからその気持ちわかるんですけどね。

子供の結婚相手が賛成できるような相手じゃなかったら、心から祝福できないですもん。

だからといってライフルは振りかざしません。

 

岩男も後半、アイリーンにキツくあたってたけど、木に名前を掘る行動を見ると本当は幸せにしてあげたかったんじゃないかな。

けど、どうしていいかわからず空回り。

不器用です。

そうだとしても、「不器用だから」というのは言い訳であって相手に気持ちが伝わらなければ意味がありません。

 

…って、こんなに登場人物の気持ちを考えみたけど、そんなメッセージ性のある映画じゃないよね!(2度目)

 アイリーン

アイリーンですが、彼女からは家族愛が伝わってきました。

愛しのアイリーン ネタバレ あらすじ 感想

あの結婚は奴隷制度と変わらないですよ。

お互いが承諾してるから成り立ってるだけで。

きっかけはどうであれ、岩男さんと幸せになれたら良かったんですけどね。

あんなに嫌がらせしてたツルも見捨てられないほど心が優しいです。

映画でも出た、姥捨山というものが日本にはあって、厄介者になったら親でも捨てる日本人に対し、親を養うのは子供の義務となってるフィリピン。

どっちもどっちでやり過ぎ感あるけど、フィリピンの国民性の方が暖かいですね。

日本人だと、親が勝手に子供を産んだんだから子供が親を養う義務はありません。

これは義務とかではなく気持ちの問題なので、どちらが正解とか不正解とかではないけど、親を大切にする国民性だからアイリーンはツルを見捨てられなかったのかな。

 

って、深読みする必要はない!メッセージ性のある映画じゃないよね。(3回目)

 

スポンサーリンク
 

 

映画の評価が良かった理由は後で分かりました。

この映画監督のファンが高評価をつけてるだけでした。

マニア受けするけど、平々凡々、普通の感覚で生きてる人は気分が悪くなると思います。

鬱映画好きにはオススメです。

エロやバイオレンスが好きなら中身はないけどいいんじゃない?

コメディなのかな?

笑えるシーンといえば伊勢谷友介が「アイリーンは母親と似てる」と言おうとしたところで、最後まで言わせてもらえず撃たれたシーンですかねぇ。

そんなの岩男にとってはWhat ever.

伊勢谷友介の切なさこみ上げるシーンなのに言わせてあげてよ!

 

愛しのアイリーンはフィリピンでも上映されるそうです。

大丈夫か!?

フィリピン女性のみならず、日本人女性のこともかなり軽視した映画なので大丈夫なのかもしれない。

あ〜胸糞悪い。

愛しのアイリーンはwowowで視聴できます