海ドラ恋リア

恋愛リアリティショーが大好きな女の海外ドラマ感想ブログ

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10を見た感想 結局誰が選ばれる?友永真也さんが出した決断とは!?

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

いよいよ最後のローズセレモニーとなります。

好きな相手を選ぶのか、好きと言ってくれる相手を選ぶのか。

涙なしでは見れない、感動のローズセレモニーでした。

バチェラー・ジャパンシーズン3エピソード9の感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

岩間 恵さん

最後のデートは、真也さん第二の故郷フランスです。

最初にデートをするのは恵さん。

キックボードに乗って街デート。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

ドイツではセグウェイに乗りながら街散策が出来るみたいだけど、フランスはキックボードなのね。

恵さん「この服装で乗れるかな?」と言ってたけど、男性はこの辺気使って欲しいんですよね〜。

デートのプランを男性がサプライズで組むなら、せめてどんな服装で行ったほうがいいかだけでも言って欲しい。

女はね、デートの時に自分を一番綺麗に見せる格好で行くわけですよ。ヒール履くのも足が細く、長く見えるから。

恵さんがローヒール履いて行ったのは、パリの街を歩くことを予想してだと思います。

なのに、まさかのキックボードだなんて。

私も過去に経験アリなのですが、プラネタリウムを見ると言ったからヒールを履いて行きました。

男性がプラネタリウムの予約をしてなかったため、満席で見れなくなっちゃったんです。

それは別に構わないんですけど、プランBが水族館デートになった。

しかも電車移動だし、足が悲鳴をあげましたよ。

デートプランを急遽変更するなら、女性の服装を見て判断して。

足も疲れたし、その日生理でしんどかったし、あげくにお昼ご飯の時間は男性の腹の空き具合で14時頃食べた。

しんどかったし、不満満開だったのに、その日告白しようと計画してたんでしょうね。

帰りに告白されたけど断りましたよ。

もしデートが楽しくて不快がなかったら、とりあえず付き合ってみたかもしれない。

デートで女の気持ち掴みたいなら、女性の服装を重視せよ!

 

キックボードの後はレストランへ。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

恵さんは食の価値観をとても重視してる。

食の好みが一緒だと摩擦がなくていいですけどね。

美味しいご飯は会話も弾むし。

 

だけど、真也氏は野菜嫌い。

そこを突っ込みまくる恵さん。

「食の好みはどうでもいい。ちっちゃなことは気にしない」

と、恵さんの攻撃に参っちゃうバチェラー。

ほんと、食の好みはちっちゃなことなんですよ。一緒に生活してても、別のもの食べることだってできるし。

それに年取ると、食べれなかったものが食べれるようになることもある。

私、納豆た食べれなかったんですけど旦那が納豆好きで、におわ納豆の卵の黄身入りなら食べれるようになりました。

今ではたまに食べたいと思えるくらいです。

恵さんがこだわるのは若さゆえもあるけど、真也さんの事がどうも好きになりきれないから嫌なところが目についちゃうんだよね。

 

ベンチに座ったとき、真也さんが肩に手を回した時も少し避けてた。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

マリッジブルー入ってるか、キモ病発生しちゃったよね。

 

そんな様子を真也さんも感じ取ってる。

酒飲んで腹割って話そうや〜ってことになった。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

真也さんは恵さんの気持ちを薄々感じながら、悔いがないように好きな気持ちを伝える。

それに対して恵さんは

「好きになろう、なりたいと思うし、すごく好きだけど・・・・これって恋愛感情なのかな?」と女がよく使う手段、なるべく傷つけないように男として見れないことを伝える。

これを聞いた真也さんは「めっちゃ好きでした」と過去形で気持ちを伝える。

過去形ってことは、好きになってくれる北新地あゆみさんを選ぶのか!?

 

スポンサーリンク
 

水田 あゆみさん

あゆみさんは水上デートだった。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

いいですね〜、パリの街並みを歩かず眺められる。

真也さんに出会って、初めての経験をたくさんしたあゆみさん。

「初めての経験はこれからも真也とがいいな〜」と、めっちゃ可愛いこと言ってた。

初めてに喜ぶ男は多い。さすが元ホステス!

真也さんも思わずギュッとしてました。

 

その後はホテルに戻り食事をすることに。

バチェラー・ジャパンシーズン3

テーブルの上はやっぱり野菜なし

 

2人は今までのバチェラーの旅を語り出す。

お互い出会えてよかったと、この企画に感謝してた。

「フランスに来るのは(バチェラーを)何回やってもあゆみだ」

の言葉に喜ぶあゆみさん。

でもこの発言って微妙じゃない。

『フランスに来るのは』で持ち上げて、落とした時のダメージを減らしてあげようという魂胆ではないだろうか?

 

恵さんの時とは打って変わって、楽しそうな会話が繰り広げられる。

あゆみさん、もうこれで最後かもしれないと気持ちを伝える。

「好きです」と言ったあゆみさんがとっても可愛かったです。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

その気持ちが嬉しくてまたまたギュッ。

恵さんにメンタルえぐられてるから、あゆみさんからの愛の言葉はとてもヒーリング効果があったでしょう。

 

好きと伝えるのは簡単そうなようで、難しいものですよね。

言えるタイミングや、言ってもいい状況なのか考えなくてはいけない。

大人になると傷つくことも知ってるから言わないこともある。

好きと言いたい時に言えるのは幸せなことよ。

相手の迷惑にならないんだったら傷つくことを恐れずに、自分の気持ちを言った方が前向きになれるものよ。

 

スポンサーリンク
 

ローズセレモニー

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

 いよいよ最後の1人が決まります。

真也さんが「どう決断していいのかわからない」とローズセレモニー直前で言ってました。

頭ではあゆみさんがいいとわかってるけど、恵さんへの恋心が捨てきれないんでしょうね。

直前で決めたら恵さんを選びそう。これはブドウの恵で決まったわ・・・

と、思ったら!!!!

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

な、なんと!!

選んだのはあゆみさん!!! 

 

いいじゃない!これ正解だよ!!

恵さんと最後の別れを告げる。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

意外にも恵さんが泣いてましたね。

恋愛感情なのかわからないと言ってたのに。 

 

恵さんが去って行く時に真也さんが「恵!恵〜!」と呼んだけど、なぜかの無視。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

それでも選んでくれることを期待したのに期待外れで悔しかったかな?

 

最後はあゆみさんに指輪を渡しキス。

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10 感想 ネタバレ

このキスがまたまた長いんだな〜。

おめでとうございます!お幸せに!!

 

スポンサーリンク
 

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード10を見た感想

まさかの北新地あゆみさんでしたね〜。

もう途中からブドウの恵さんしか見えてないバチェラーを見て、これは恵さんで決まりだと思ってました。

最後の最後に客観視して、結婚にふさわしいと思える相手を選んだんですね。

男性は追いたい性質があるけど、届かないとこまで行っちゃったら諦めちゃいますもんね。

届きそうで届かない距離感、この距離をしっかりとれる女がモテるんですよね〜。

 

毎回(シーズン1は除外)、最後のローズセレモニーで泣いてしまいます。

シーズン2も小柳津さんはナナコに気持ちがあったけど、愛してくれるマミちゃんを選んだと思うんです。

今回も包んでくれる方を選んだバチェラー。

シーズン2はどっちでもいいような気がしたけど(悪い意味ではなく)、今回は絶対あゆみさんを選んで欲しかったです。

恵さんも素敵なお嬢さんだと思います。真っ直ぐな方だと思うし、お肌が超綺麗。

肌が綺麗ってことは健康面も気遣ってそうで、結婚に重要な家族の健康管理をしっかりしてくれそうです。

でも、真也さんには支えてくれるような、あゆみさんがお似合いと思います。

 

毎回泣いてる視聴者は多いと思います。

この涙を無にしないでほしいですね。

今回こそ別れず、いい報告を期待したいです!

本当におめでとうございます!

 

バチェラー・ジャパンシーズン3のネタバレ感想を読んでくださった読者の皆さん、ありがとうございました!またシーズン4で〜!

 

と、思ったら・・・

ファイナルがまだあるの?引っ張るな〜。

ではまた!

 

バチェラー・ジャパンシーズン3 エピソード11エピローグ本当の最終回はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

バチェラー・ジャパン3はアマゾンビデオで独占放送!