海ドラ恋リア

恋愛リアリティショーが大好きな女の海外ドラマ感想ブログ

バチェラー・ジャパンシーズン3エピソード1を見た感想 三代目バチェラー友永真也さんの視点が面白い!

バチェラー・ジャパン シーズン3 エピソード1 感想 ネタバレ
いよいよ始まりましたー!バチェラージャパンシーズン3!!

なんと今回、1500人もの応募があったそうです。

この数字は歴代1位だとか。

三代目バチェラーの友永真也(ともなが しんや)さんは一体、誰を選び 誰を落とすのでしょうか。

 

スポンサーリンク
   

バチェラー・ジャパン シーズン3エピソード1を見た感想

いよいよバチェラーと顔を合わす女性陣たち。

女性たちはバチェラーのことを知っているけど、バチェラーは女性たちの情報を何も知らないままこの日を迎えます。

ここで鍵となるのがどれだけ印象を残せるかですが、みんな思い思いの作戦に出てました。

 

やっぱり印象を残すならプレセント作戦。

どのシーズンよりもシーズン3は、プレゼントを渡してる女性が多かった。

真也さんの愛犬、(故)ムーの情報を入手しているのか、犬にまつわるプレゼントをする女性も多かった。

 

物には頼らず、体当たり勝負の女性たちも。

髙田汐美(たかだ しおみ)さんは、いきなり唇を奪おうとする。

ããã§ã©ã¼ã»ã¸ã£ãã³ã·ã¼ãºã³ï¼

こんなことできる汐美さんは社長令嬢。

社長令嬢って控えめでおしとやかな印象ですが、彼女は結構ゴリゴリです。

 

過激なボディタッチや、プレゼント攻撃ではなく、他の方法でインパクトをつけたのが古澤未来(ふるさわ みく)さん。

バチェラー・ジャパン シーズン3 エピソード1 感想 ネタバレ

ダンプの運転手の彼女は、リムジンではなく自前のダンプカーで現れた。

「車大好きなんですけど、負けたなと思った」と言った真也さん。

何負けなのかよくわかりませんけど、車関係で打ち解けたのか、他の女性には敬語だったのにタメ口だった。

 

真也さんはあまり表情を変えないので、誰をどう思ったかわかりづらかった。

中川 友里(なかがわ ゆり)さんのことは「ゆきぽよと思った」と言ってた。

ããã§ã©ã¼ã»ã¸ã£ãã³ã·ã¼ãºã³ï¼

ゆきぽよとの共通点、髪の毛明るいだけじゃない!?

シーズン2の若さまがタイプだと言ってたので、前回のシーズンをちゃんとチェックしてそうです。

真也さんは、女性たちの表面上だけの姿に騙されなさそうですね。

 

スポンサーリンク
   

ローズセレモニー前に・・・

いまいち、どの女性を気に入ってるのかわならない真也さん。

「自分からは行かず、女性たちから誘われるのを待つ」と言ってました。

女性たちの本気度を見たいようです。

そうだけど、ピンときた女性には行動が早い!

 

岩間恵(いわま めぐみ)さんにはローズセレモニー前にバラを渡した。

バチェラー・ジャパン シーズン3 エピソード1 感想 ネタバレ

理由は「温かい家庭像が見えた」だそう。

恵さん、ノーマークでしたが上品そうで、控えめそうで、彼女っていうよりも奥さんにしたくなっちゃうような女性です。

 

「自分からは行かず、女性たちから誘われるのを待つ」と言ってたのに、城田夏奈(じょうでん かな)さんは自分から誘う真也さん。

バチェラー・ジャパン シーズン3 エピソード1 感想 ネタバレ

ハート形に折った直筆の手紙が好印象だったのかな?

「看護師をやめて番組に参加したのか、休んで参加したのか気になった」と言ってましたが、ちょいちょい真也さんの気になる視点がよくわからない。

そこ、そんなに気になる?

看護師は『手に職』系のお仕事だからやめても復帰しやすいのに。

ローズセレモニー

個人的に残りそうな人は残ってたという結果。

最後まで残らないとは思ったけど、早々と落とされたのが不思議系の国分亜美(こくぶん あみ)さん。

バチェラー・ジャパン シーズン3 エピソード1 感想 ネタバレ

 

先代のバチェラーたちは不思議系を気に入って、結構残してた。

久保りんやリンタロだけじゃなく、男は不思議系や天然好きな人多いですよね。

それ知ってて、計算天然する女が多い。

ほんまもんの天然と、計算天然の簡単な見分け方をお教えします。

ほんまもんは初対面では天然だとわからない。

彼女たちは自分が天然な事を気にしていて、最初は隠そうとする。

でも元々が天然だから、会うたびに天然言動が炸裂しだす。

あみちゃんは、最初から天然だとわかるタイプ。

そして天然じゃない様子を真也さんに見せてた。

変えれるってことは計算天然。

残念ながら、真也さんのタイプじゃなかったみたい。

久保りんの時に出てたら、もう少しテレビ露出できたかもね。

真也さんには作り物の可愛さは通用しないのかもしれない。

関連記事>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
   

今回のバチェラー素敵!

シーズン1からバチェラージャパンを見てますが、今回のバチェラーは31歳なのに考え方がしっかりしていて、一番大人な気がします。

久保りんは見た目は素敵だけど、恋愛面においては一番子供っぽい感じがしました。

リンタロは少年っぽさも残しつつ、あどけなさや天真爛漫なところが魅力的。

これで仕事できなければただの少年だけど、仕事も出来るから素敵だなーと思いました。

 

真也さんは一見、自分に自信があるワンマン系に見えるけど、傲った部分も今のところ見えず、何より前のバチェラーより結婚観をしっかり持ってるように見えました。

最初なんてタイプで選びそうなのに、ちゃんと結婚というのを考えて選んでましたよね。

久保りんは最後までタイプを貫き通したような気がします。

でもね、タイプを推すのは悪いことではないとも思います。

結婚に向きそうな性格の女性を選んだ時に、違った部分を見てしまうと気持ちが冷める。

それに、人が人に優しく出来るのは気持ちに余裕がある時だけ。

結婚生活が始まり、子供が出来ると生活が一転し余裕もなくなる。

そうなっても思いやりのある態度を常にとれる人は少ない。

顔が超好みなら、老けては行くけど顔の系統は変わらないから、変わらず好きでいられるらしい。

「私のどこが好き?」と聞いて「顔」と言われると「中身で選んでくれてないの?」と不服に思う女性は多いみたいだけど、意外と顔で選ばれると末永く愛されるかもよ。

 

真也さんの今までの恋愛は「タイプとだけ付き合ってきた」と言ってました。

「直感で決める」とも言っていました。

今回バチェラージャパンに出ようと思ったのも、「今までと違ったタイプと出会えると思ったから」と言ってましたが、これは真也さんを混乱させる事にならないか少し心配。

真也さんより年寄りなので年の功で物を言わせてもらうと、好きなものって結局変わらないんです。

一時期、目移りしたり今までとは違うものに惹かれることもあるけど、最終的にたどり着くのは昔から好きだったもの。

一時期の迷いで、今までと違ったタイプに惹かれ、結婚した後に「やっぱ違うわ」となってしまったら先代バチェラーたちと同じ道を辿りそう。

今回こそ、別れずに真の伴侶となる女性と結ばれてほしいです。

 バチェラー・ジャパンシーズン3エピソード2の感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

バチェラー・ジャパン3はアマゾンビデオで独占放送!