海ドラ恋リア

恋愛リアリティショーが大好きな女の海外ドラマ感想ブログ

映画【gifted/ギフテッド】を見たネタバレ感想 裏切りなし!!幸せってこういうことでしょ。

gifted ギフテッド あらすじ ネタバレ 感想

映画【gifted/ギフテッド】を観ました。

映画はアマゾンビデオやhuluでちょこちょこ観てるのですが、さすが評価4ついてる映画は違いますね。

4以下の映画は感想記事書く気にもなれません。

暇つぶしにはいいんですが、心は動かされない。

ギフテッドは、ほっこりハートフルな映画で(ちょっといざこざもアリ)、年齢問わず楽しめる映画だと思います。

あらすじ

 7歳の姪、メアリーと片目の猫フレッドと共に、フロリダの小さな町で生活している独身のフランク。

平穏に生活していた彼らだったが、メアリーに天才的な能力があることを彼の母イブリンに知られたことで、小さな幸せが揺らぎ始める。

イブリンは二人を引き離し、メアリーに英才教育を受けさせようとする。

フランクが出した決断とは?亡き姉、ダイアンがフランクに託した想いとは?

メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか?

 

『(500)日のサマー』や『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどのマーク・ウェブ監督が手掛けたヒューマンドラマ。

7歳の少女、メアリーの特殊な才能が発覚したことから、ささやかな幸せが揺らぎ始めた。

主人公のフランクは『キャプテン・アメリカ』シリーズなどのクリス・エヴァンス

子役7歳の天才少女メアリーを演じるのはのマッケンナ・グレイス

メアリーのおばあちゃん役イブリンはリンゼイ・ダンカン

オスカー女優のオクタヴィア・スペンサーらが出演。

 

上映日:2017年11月23日

製作国:アメリカ

上映時間:101分

ジャンル:ドラマ

スポンサーリンク
 

gifted/ギフテッドを観た感想

ハートフルドラマであり、クスッと笑えちゃう笑いあり、法廷のシーンは緊張感あり、メアリーの天才的頭脳や演技に魅了されてしまう映画でした。

ラストが驚愕とか裏切ってくれるようなのが好きですが、この映画は裏切りなしの感動もの。

でも、それが良かった!

こういう映画はハッピーエンドじゃなきゃね。

メアリーは全然生意気じゃない!

天才的頭脳を持つメアリー。

映画内では7歳児らしからぬ生意気な女の子で描かれてますが、生意気どころか可愛くてたまらない!!

gifted ギフテッド あらすじ ネタバレ 感想

見てください!大きな目は少しタレ目、まつげもラクダ並みに長い。

歯が抜けてるのも7歳児らしくて可愛いんですよね〜。

日本の子役は歯が抜けてる子いなくないですか?

以前、何かのテレビで見たのですが、日本の子役は歯が抜けてると入れ歯を装着するらしいです。

だからか、有名子役で今も女優として活躍する安達祐実ちゃんは、歯が小さいですよね。入れ歯で歯を押さえつけてたから小さいと言う説もあるそうです。

でもね、その見た目を追求した偽装感より、7歳児は7歳児らしく歯が抜けてる方が断然可愛い。ちょっとしたことかもしれないけど、リアル感もアップする。

もう、このルックスな時点で視聴者の心はがっちり掴んじゃいますね。

 

メアリーは見た目だけじゃなく、中身も可愛いのよ〜!

友達がいじわるされた時に上級生にも関わらず、仕返しをしてしまう。

それが問題になりフランクが呼び出し食らっちゃうけど、はじめにきっかけを作ったのは上級生。

「同級生とは子供すぎて話が合わない」とメアリーは言ってるけど、決して小馬鹿にしてるわけではないんです。

同級生の工作の作品は自分のより上手だったことは、素直に認めて拍手する。

『私が一番なのよ!』な、傲慢な少女ではない。

頭がいいから目立っちゃうし、「どうせ頭がいい子はバカな私たちとなんて遊ばないんでしょ」と周りが勝手に劣等感を持つだけなんです。

おバカな7歳でも、話合わない子とは仲良くなりませんよ。我が家の娘は頭良くないですが、誰にでもヘラヘラ合わせられる娘ではありません。それが子供ってものでしょ?

 

隣人のロバータとは仲がいい。

金曜の夜はフランクがバーに行く日で、ロバータの家に毎週お泊まりしてるみたい。

定番は二人でカラオケ熱唱。

 

gifted ギフテッド あらすじ ネタバレ 感想

なりきって歌ってる様子も可愛いのです♡

 

感情は子供、だけど数学の頭脳が博士クラス。

考え方も少し大人びてるかもしれないけど、それも自分が嫌われないため。

『年上の間違いを指摘すると嫌われる』とフランクに教えられたのも、間違いに気づいてしまう頭脳を持ってるから。

その教えを臨機応変に使えないところも7歳児らしくて可愛い!

フランクよくやってるよ!

映画やドラマでも未婚の男性が子供を育てるようにストーリーってありますよね。(あまりこの手のは見ないけど)

遊びたい盛りの自由な独身男性に、これは一番酷じゃないでしょうか?

私も母親なのでわかりますが、ほんと子育ては自由がなくなるんです。

姉が子供を連れてきて、その後、自殺ってかなり酷な設定。

しかも自殺する理由が実母、イブリンに耐えかねて。

弟だから母親の毒親具合をよ〜く知ってる。

何度も里親に出そうと思ったと言ってるシーンがありましたが、いくら実の姉でもそんなもんでしょ。

 

そしてちゃんと育ててるの。

gifted ギフテッド あらすじ ネタバレ 感想

飼ってる猫がデブ猫!

そこは問題じゃなくて、目が片方ないんです。

ここでなぜ、あえて片目のない猫を可愛がる設定にしたかってことを考えてみたのですが。

フランクはメアリーを「普通の子」に育てようとしてました。

特別な能力があったり、人と違うと、良くも悪くも目立ってしまい偏見の目で見られる。だけど、飼ってるのは突っ込みたくなるような片目のない猫。

普通とは違っても同じように接するってことをフランクは教えたかったのかな?って。

フランクも姉ほどではなくても、数学でブイブイ言わせた人。

その周りもそんな人だらけだから、普通とは違った環境の体験者。

姉をそばで見てるから余計に『特別な能力』は普通には暮らせないと痛感してる。

普通に生きてる者は『特別』に憧れるけど、特別な環境で生きてる人は『普通』に憧れる。普通だと誰にも干渉されなくて楽よね。

 

メアリーに道徳はしっかり教えてるようだけど、鉛筆の持ち方が悪いのよね〜。

これオバさん気になっちゃうわ〜。

 

そんなフランク、恋だってしたい!

毎週行ってる金曜のバーにメアリーの担任、ボニーが来る。

gifted ギフテッド あらすじ ネタバレ 感想

このシーンも良かった。

暴露ゲーム?

相手に質問して、答えられなかったらショットのテキーラ(?)を飲む。

ボニーが答えられない質問をされて一気飲みするんだけど、結局答える(笑)

ただ飲みたいだけやん!!

ここで、酔っ払い二人がいい感じに♡

「君にはすごく驚かされるよ」と口説きに入ったフランク。

「私たちの間には何も起こらない」と冷たく返したボニー。

言葉ではそんなこと言ってるけど、態度は『カモ〜〜〜ン』でした。

目は口ほどに物を言う。

やっぱりといえる展開で、その勢いでフランクの家でベッドイン。

最初っからボニーの方は気があったよね。

先生だよ、なのに初対面の挨拶で下の名前で呼んでと名乗る?

こんな子供に優しい独身イケメン、女ならほっとけないわ!

その次の日の朝、メアリーが約束の時間より早く家に戻ってきてしまう。

裸にシーツを巻いたボニー先生と遭遇。

学校ではあんなに嫌がってたお決まりの挨拶、「Good mornig、Miss Stevenson」とニヤニヤしながら言うメアリーが最高だった!

 

スポンサーリンク
 

イブリンの的を突いた発言の数々

gifted ギフテッド あらすじ ネタバレ 感想

イブリンがなんともまあ、自分を信じて疑わない自分信者。

自分のやってることは絶対的に正解だと思ってる。

そして揺るがない強さがすごい。こんな親に育てられたらどんなブラック企業でも勤められるよ。

その前に命が持つかどうか・・・

 

「権力を持つ単細胞を怒らせるべからず」

が一番刺さりましたね〜。

その通り!

権力を持ってるってことは、それなりの人ではあるのですが、それゆえにこういう人って傲慢。上には上がいるというのに謙虚さのかけらもなく、自分より弱いものを見下す。自分より強いものが現れると凹みやすいのもこのタイプ。

 

裁判所でも猛威を振るってた。

そりゃ、再婚した旦那さんも馬に逃げるわ。

弱さを一つも見せなかったイブリン。

娘の仕返しにも動じず、まだ孫を教育しようか迷ってましたもんね。

すごいわ〜、涙ひとつ見せない。

でも、少し考えるような間があったのは自分の子育てに後悔してたから?

里親のクソ行動

ほんと、偽善者ぶった顔して最低!

誰のことを一番思うべき?メアリーでしょ。

イブリンにそそのかされたよね。

「世界的な遺産を潰す気?」と脅されたのか、金をチラつかされたのかは知らないけど、メアリーの可愛がってた飼い猫を保健所送りにする!?

もう少しで殺処分だったよ。

フランクと離れて寂しい思いをしてるの知ってるよね?

なのに、飼い猫を処分しようと考えるなんてクズだ〜!里親失格!!里親から除名して!!

 

スポンサーリンク
 

gifted/ギフテッドを観て思ったこと

gifted ギフテッド あらすじ ネタバレ 感想

幸せは『普通』なことでも『特別』なことでもなく、どんな自分であれ受け入れてくれる人がいることじゃないでしょうか?

メアリーは普通ではない特別な能力を持ってたけど、特別なことだけを伸ばしてくれて普段は普通に接してくれる人がいました。

フランクが最初の頃は『普通』を意識するあまり、能力の合わない公立小学校に通わせてたけど、イブリンのいうことも一理あるんですよね。

特別な能力は国や世界の財産でもある。それを潰してしまうのは勿体無い。

だけどイブリンはやりすぎた。結局、素晴らしい頭脳の持ち主のダイアンを自殺に追い込んでしまった。

 

でもね、イブリンの気持ちもわかるような気がします。

私も娘を持つ母親。

娘が幸せになることを願ってます。

自分もそうだったけど、若いうちは先のことより今の感情で動く。

そして人から受ける影響も大きい。

付き合う友達がどうかで、素行も趣味も服装も変わり、考え方まで変わってしまう。

彼氏だったらなおさらです。好きな人がもたらす影響は大きいから、変な人とは付き合ってほしくない。

そうなるようなら反対もするでしょう。

何も世間を知らない娘に、自分の実体験を通して指図したくなっちゃうものなんですよ。

ダイアンもイブリンを悲しませないためか「お母さんの言う通りにしてよかった」と言ってたようです。

これは娘からしたら母への気遣いなんだろうけど、そう言わせない親になりたいものです。

子供達にとって本音で話せるような、話しやすい母親になりたいです。

心を開いて話せる存在がいるってだけで、どんな境遇だったとしても幸せ度は全然違うんじゃないでしょうか。

頑張ってる自分も、弱い自分も全て受け入れてくれる人が側にいたら、幸せな人生なんだと思います。

 

ギフテッドはアマゾンビデオで見れますよ!