海ドラ恋リア

恋愛リアリティショーが大好きな女の海外ドラマ感想ブログ

ウェントワース女子刑務所シーズン6第10話のネタバレ感想 とんだ引っ掻きわし野郎だ。

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第10話 あらすじ ネタバレ 感想

彼女がやってくれました。

状況をめちゃめちゃに引っ掻き回すトラブルメーカー。

だからこそドラマが面白い!!

 

前回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

前回、リタの代わりにボコボコにされたチョイ役チェリー。

おカズは誰が犯人なのかと探してる。

リズは一部始終目撃しているが、認知症の症状が出てうろ覚え。

ブーマーがやったと適当なことを言い、ブーマーは独房に入れられてしまう。

チェリーを襲った張本人のザラはリズを始末しようとする。

自分の記憶がどんどん不確かなものになっていくことに、悲しむリズ。

こんな生活を送るくらいなら死んだほうがマシだと考え始める。

それを知ったマリーはリズに致死量のヘロインをプレゼントする。

ヘロインを打とうとしてるリズの部屋に偶然入って来たおカズ。

ドラッグ入手経路を聞き出すことに成功。

おカズは密売をしてるマリーに制裁を加える。

一方、ヴェラの元に脅しメールが来る。

この犯人は誰なのか?目的はお金だけなのか?

ウェントワース女子刑務所シーズン6第10話の感想

リズが崩壊寸前。

リズの発した言葉で踊らされる囚人たち。

リズがキーパーソンであった第10話だけど、他のメンバーも目が離せません。

どっちも辛い

f:id:h163932:20190424140337j:plain

ザラの偽情報を信じたために、スパイだということがバレそうになったリタ。

リタの素性がばれなかったのは、レイをうまく使ったおかげ。

そんな一件があった後の面会が辛すぎて見てられなかった。

 

レイは仲間からボコボコにされてしまった。

もしかしたら、リタの言うことを不審に思ってたのかもしれない。

「いいから、愛してるから早くそこに行って!」と無茶苦茶なことをレイに電話で言っていた。

レイもリタが何か隠してると気づいてた。

だけど愛してるから何も聞かなかった。

いつか自分に気持ちを開いてくれるのだと信じてたんだと思う。

 

めっちゃ切ないじゃないですか〜(泣)

レイの気持ちすごくわかるわ〜。

好きだから嘘つかれても、気づかなかったふりしたりするのよね。

何か理由があるのだと信じてるし、もし問いただしたところで嘘を重ねられるという気持ちもある。

そして一番思うのは嘘をつかれたからといって、好きなことに変わりがないから許してしまうんです。

許すというか、なかったことに封印する方が近いかな。

 

なんだけど、嘘をついてる方はそんなことにも気づかず嘘を重ねるの。

こんな簡単に騙せるなんてチョロいもんだぜ!くらいに思ってるかもしれない。

嘘を一度つくと、また嘘をつかないと辻褄が合わなくなっていって、嘘が膨らんでしまう。

最初の嘘は「あれ?私の勘違いかな?」と流せるけど、何度ともなるとまた嘘をつかれたと信用できなくなっちゃうの。

好きだけど信用できなくなるし、好きだけど相手は自分のことを好きじゃない、適当に扱われてると思ってしまう。

レイが別れを告げました。

嫌いになったわけじゃない。追うことに疲れてしまっただけ。

もしここでリタが本当のことを言ったら許してもらえると思う。

 

だけど、リタも言えないのよ。

きっかけがきっかけだもん。

だけど、近づいたのは潜入捜査のため。

リタも一途に愛してくれる、優しいレイを好きになってたはず。

ここで本当のことを言ったら、計画が失敗するし、言ったところで裏切りだと攻められるかもしれないと思うと言えないわよね。

 

リタが泣いてる時にルビーが慰めてる様子、良かったわよ!

姉妹っていいね。

「辛くなるからアリーはやめときなさい」と忠告したのも、重みがありましたわよ。

 

スポンサーリンク

 

ブラックメールの主は誰?

ヴェラの元に送り主不明のメールが来る。

この送り主は誰?

ファーガソンの死体確認の時に3人の写真を取ってた人物だろうけど。

ジェイクは「チャニングじゃないか?」と言っていた。

たしかにチャニングは金に汚かった。

 

ヴェラは「お金を払ってもまた要求される」と、お金を払う気はないよう。

一方、ジェイクは「刑務所に入るのなんて絶対嫌だ!ヴェラは貯め込んでるから500ドル払えるって!払うって言ってた?」とウィルに聞いている。

ウィルはそんなに焦ってなさそう。

500ドルはオーストラリアドルだったとしても結構な金額。

4000万くらいかな?

そんな大金を「ヴェラは貯め込んでるから(ダサ女さだし)」と言ってしまうジェイク最低!!

ヴェラを愛してる感じが出てて少し見直してたのに、やっぱり保身が大事。

ウィルに頭突きくらって、血流したままヴェラの家に行ったけど「なに?血流したまま来るなんて同情買いたいの?」と冷たくあしらわれる。

今シーズン、ヴェラとジェイクの復活愛もあるかと思ったけど、これねぇなぁ〜。

ジェイクがクソすぎる!

とんだ引っ掻き回し野郎のリズ

リズの記憶がもう限界。

思い出したり忘れたり、認知症が進んでる。

その曖昧な記憶を信じてブーマーがチェリー暴行の濡れ衣を着せられる。

「仮釈放がなくなる〜!私はやってない!」とブーマー言ってたけど、ブーマーはウェントワースからいなくなっちゃダメよ。

ウェントワースの癒しキャラがいなくなっては視聴者も困ります。

 

リズを擁護するような事言ってたマリーだけど、ヘロインを致死量渡すって・・・

ほんと悪女だな。

そしてザラがマリーを愛しているということも発覚。

アリーやテイラーは美人だけど、ザラでもヤルんだ。

体で繋ぎ止めるのが手っ取り早いわよね。

まさか、セックス もしてないのに命かけれるまでマリーの力にならないでしょ。

 

何かで読んだけど、セックス は気持ちがなくてもできるけど、手を握りたいと思うのは気持ちがないとできない行為らしいわよ。

手を握るのは簡単だけど、『手を握りたい』と思わせるのは本当に好きになってもらわないと思えないのかもね。

おカズやりよったで!

たまたまリズの部屋に入ったらヘロインを注射しようとしてた。

ドラッグの入手先を聞けば、誰が薬を売りさばいてるのかがわかる。

トップドッグとしておカズの腕の見せどころ。

チェリーの件ではヘマしちゃったしね。

 

マリーが入手してることを知り、マリーの元へ行くとチェリー暴行の話を偶然聞けた。

偶然が多いおカズ。これも運のうち。

リズは記憶が曖昧で信用できないため、テイラーに裏を取りに行く。

 

f:id:h163932:20190424140350j:plain

なんでもお見通しやで〜。

 

マリーにアイロンプレスのお仕置きをするのかと思ったら、こしゃくな手段に出た!

殺鼠剤入りのドラッグをマリーの持ってたドラッグとすり替える。

これに気づかず使ったマリーは吐いて倒れる。

10話はここで終了。

 

スポンサーリンク

 

 

あと2話でウェントワース女子刑務所シーズン6も終わり。

ヴェラへのブラックメールの送り主は誰なのか?

マリーの息子を殺した犯人は誰?

などの謎も残しています。

 

おカズ好きじゃなかったけど、トップドッグとして役割を果たしてることを応援したい気持ちにもなってきました。

ブーマーに最低呼ばわりされても、リズがソーニャを突き落としたことを黙ってましたね。

仲間思いの良い面もあるのですが、ひいき目が激しい。

マリーにはいい印象がないので、姑息な手段を使うところがトップドッグとしてどうかと思います。

テイラーが殺鼠剤入りのドラッグを使用しても死ななかったので、おカズからしたらちょっとしたお仕置き程度な気持ちなのかもしれません。

テイラーとマリーは年齢も違うし、摂取量もわからないし、死ぬかもしれないという考えは起きないのでしょうか?

まあ、マリーはまだまだ死なないでしょうね。

次回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

ウェントワース女子刑務所はhuluはで視聴できます。