海ドラ恋リア

恋愛リアリティショーが大好きな女の海外ドラマ感想ブログ

ウェントワース女子刑務所シーズン6第11話のネタバレ感想 口は災いの元

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第11話 あらすじ ネタバレ 感想

女性は男性に比べて口が軽いと思うんですよね。

なぜ女性の方が軽いかって、共感を求める生き物だからじゃないでしょうか。

共感するのも共感を求めるのも好きなくせに、簡単に裏切っちゃうのも女。

私は「内緒だよ」と言いつつ、バラされてもしょうがないと思ってます。

だって、それが女だもの。

内緒の話は信頼できる男の人か、内緒の話を口外しても困らないような女性にしか話しません。

アリーは履き違えちゃったみたいね。

 

前回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
 

あらすじ

今回も豪華三本立て!

 

マリーの息子、ダニーを殺したのはルビー?

マリーはダニー殺害犯の証拠を集めてる。

絶対的証拠となる殺害現場の監視カメラの画像を入手。

画像には犯人を突き止められる大きな特徴、うなじのタトゥが映ってた。

二本の矢のタトゥはルビーと一致。

このタトゥを見られてしまうとマリーに殺される。

タトゥを原始的な方法で消したルビーだが、痛い思いをしてタトゥを消したのも虚しく、ルビーが犯人だという証拠をザラが見つける。

 

おカズのトップドッグとしての見せどころは?

ビー亡き後、トップドッグとして頑張ってるおカズ。

ドラッグ反対派のおカズは前回、マリーを殺鼠剤入のドラッグで戒めた。

これがアリーの口の軽さでバレてしまい、おカズとマリーの対立が激化する。

 

ヴェラを脅す犯人は誰?

チャニングが怪しいんじゃないかと、チャニングの元を訪ねたヴェラとウィル。

二人が見たのは落ちぶれたチャニングの姿だった。

ファーガソンを恨んでるものの、ヴェラへの脅しとは無関係のようだが2人がチャニングの元を訪ねたことでヴェラが追い詰められることに。

ウェントワース女子刑務所シーズン6第11話の感想

毎度毎度、ウェントワースは1話に一つのストーリーだけじゃなく、いろんなストーリーが盛り込まれてるので展開早く、飽きないんですよね〜。

全てが気になったけど、特に気になった出来事の感想です。

 

スポンサーリンク
 

意外とザラは賢いのか?

マリーの息子、ダニーを殺害したのはやっぱりルビーだったんですね。

一発殴っただけで死んでしまうとは。

プロのボクサー?ルビーはまだプロボクサーではないのかな?

プロじゃなくても鍛えてるバリバリのボクサーに殴られたら、一発KOはあってもおかしくない。

監視カメラの画像はルビーっていうより男の人っぽいけど、首筋のタトゥが証拠となってしまう。

熱々スプーンというローテクな方法でタトゥの証拠を隠滅したルビー姉妹。

他にもタトゥの証拠を残すものがあったとは。。。

それに気づくのがまさかのザラ。

ザラって几帳面そうでもないし、アホそうじゃないですか。喧嘩っ早いし。

写真をとった画鋲の跡に気づいたり、ルビーのうなじを直接見なくても証拠をつかめる方法に気づく。

マイルズ買収でルビーのデーターを見ることに成功した。

刑務所系のドラマは何回か見たことあるけど、入所前に全てのデーターを記録するのよね〜。

もちろんタトゥの記録もある。

ルビーが犯人だという動かぬ証拠をつかんだザラ。

これは愛するマリーからご褒美いただけるわね♡

マリーとおカズの確執とは?

何かとマリーに厳しいおカズ。

アリーが薬まみれだった時に救ったのおカズだし、マリーがアリーにドラッグを教えてるからこの時からの関係だとは思ってたけど、10年前からいがみ合ってることが今回判明。

そして決着が付いてないようね。

殺鼠剤入のドラッグを忍ばせたのがおカズだとわかって、啖呵を切るマリー。

もう直ぐ釈放だから問題は起こせないけど、おカズのことは全く怖くない様子。

トップドッグなのに、舐められてまっせ!おカズ!!

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第11話 あらすじ ネタバレ 感想

 

「釈放されるしあなたなんて相手しないわよ〜!怖いからじゃないんだからね〜オ〜ホホホ!!」

と余裕かましてたマリーだったが、殴った医者が死んだってさ。

釈保取り消し。

それがわかった瞬間・・・

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第11話 あらすじ ネタバレ 感想

やったるで〜!!と、歯ブラシカミソリをかざし合う二人。

10年越しの因縁の対決はどちらに軍配が上がるのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

口は災いのもと

この戦いを激化させたのは二人の間で行ったり来たりのアリーちゃん。

おカズに「どっちにつくの?」と聞かれ「どっちにもつかない」と言ったアリー。

どっちも大事なんだよね。

マリーの身を案じておカズに気をつけろと忠告するが、マリーが全然聞かない。

ほんと気をつけて!!と心配してるからこそ殺鼠剤のことも言っちゃったんだと思うんだよね。

でもさ、あれは言ってはいけなかったんじゃないかな。

おカズのやりすぎ行動に呆れたのもあるかもしれないど、いい子すぎるのよ。

結局アリーが悪者になってしまった。

おカズはアリーを見限ったわね。

グーパンチをお見舞いされちゃった。

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第11話 あらすじ ネタバレ 感想

ル「口軽っっ!」リ「だから別れろいうたやろ、姉ちゃんの言うことは絶対や!」

 

マリーは自分のことしか考えてないから、不利になったらアリーをいつでも切るだろうし、恋人ルビーも去った後。

マリーとおカズの戦いの時は暗黙の了解の赤ボタン押しちゃうし。

裏切り者扱いで、みんなから無視されてしまうのではなかろうか・・・

とうとうバレちゃった。。。

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第11話 あらすじ ネタバレ 感想

チーン

 

ブーマー思わず言ってしまいましたね。

怒りは理性を失う。

ブーマーは決して悪い子ではないんだけど、頭に血が上ると何もわからなくなってしまう。

認知症だと館内放送で言われてしまって、どん底のリズ。

周りの囚人はからかったり、笑い者にしたりする。

こういう大人には育てたくないし、自分もなりたくないですね。

認知症は立派な病気。

なぜバカにできる?助けてあげなきゃと思うのが普通じゃないの?

あの感覚が通ってる囚人たちの感性に背筋が凍りました。

 

やらかしちまったブーマーは反省気味。

ヴェラもこの心無い行動に罰を下す。

ブーマーに独房のお仕置きは意味がないということで、

1ヶ月の面会禁止、電話禁止、クッキー禁止を命ずる。

クッキー禁止ってのが子供を叱るママみたいで笑った。

ブーマーは子供扱いなんだよね。

でもしっかりクッキーを隠し持ってるあたりも可愛いブーマーです。

 

スポンサーリンク
 

ヴェラを脅してるのは誰?

またまたブラックメールが。

3人の集まる頻度も増える増える。

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第11話 あらすじ ネタバレ 感想

「やっぱチャニングじゃないの?」ってことでチャニングのとこに行ってみた。

そこで見たのはホームランドのキャリーばりにファイリングするファーガソンウォール。

 

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第11話 あらすじ ネタバレ 感想

チャニングCIAに転職かしら!?

 

チャニングは犯人じゃなかったけど、ヴェラとウィルが訪ねてきたことで脅されてることに気づくチャニング。

弱みを握ったチャニングはヴェラを脅す。

予想はハズレだけど、何かと黒いことしてるウェントワース職員はチャニングに騒がれると困るのだ。

「チャニングが邪魔、なんとかならない?あ、マリーがチャニングの弱み知ってるわね」ってことでマリーに協力してもらう。

力を持ってるってほんと使えるよね〜。

チャニングの弱みが、なんとまあ〜、ハードMってこと。

放尿プレー野郎ってめっちゃハードやないですか〜!!え?これくらいソフトなの?

嬉しそうに嬢王様の放尿を眺め、口を開けて味わう模様が写真にバッチリと。

変な性癖って身を滅ぼすわね。

 

犯人から要求は続く。

「ビーの墓に金をもってこい」とのメールが。

ビーのこと知ってるって、結構前のメンバーの中に犯人がいるってこと?

まさかのフランキーじゃないよね?

犯人を捕まえようと、ウィルとジェイクが張ってたのも虚しく、放尿プレー野郎に邪魔されてしまう。

でもバッグの中身はお金ではなく、案内パンフレットだった。

これに怒った犯人は、警察にファーガソンが埋まってる場所をリークしたようだ。

 

来週はシーズン6の最終話。

掘り返されちゃったら大変なことになる。

最終話はどうなるのでしょう。。。

次回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 
ウェントワース女子刑務所はhuluはで視聴できます。