海ドラ恋リア

恋愛リアリティショーが大好きな女の海外ドラマ感想ブログ

ウェントワース女子刑務所シーズン6第3話のネタバレ感想  恋人をどこまで信じられますか?

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第2話 あらすじ ネタバレ 感想

第3話良かったです〜。

思わず感動して涙を流してしまいました。

恋人との信頼感って、窮地に陥った時にハッキリしますよね。

ここまでしてくれる人、ここまでできる人がいたら、それは幸せなことだと思う。

 

前回の感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

あらすじ

ドンを陥れるために共謀したソーニャとリズ。

警察との面会で、ドンにそそのかされたと証言したリズだが特に動きなし。

一方、ルビーはボクシングの海外遠征試合に出るためファイトクラブで戦うことを承諾する。

心配したアリーはおカズに密告。

コスタとおカズの対立試合が始まる。

イーマンの殺害証拠を探すフランキー。大きな急展開をむかえる。

 

スポンサーリンク
 

ウェントワース女子刑務所シーズン6第3話の感想

フランキーがついにイーマンの殺害証拠を手に入れました!

脱走までして、撃たれて、ブリジットとの間にも亀裂が入り大変だったフランキーですが勝利をものにしました。

この間に見せた、フランキーとブリジットのやり取りを思うと、涙なしでは見れませんでした。

 

もし、自分の恋人または配偶者が殺人の罪で入所、その後脱獄して証拠を探してたらどうします?

手助けしますか?それとも通報しますか?

これ難しい選択だと思うんですよね。

 

しかもフランキーは元受刑者。

頭はいいけど、感情の起伏が激しい。いくら恋人でも疑ってしいますよね。

冤罪だと思ってたとしても、ブリジットのように手助けできますか?

ブリジットも何度か言ってたけど、「あなたが無罪だとは思ってる。でも、証拠集めは警察に任せて」と、脱獄を止めます。

シーズン5ではそんなことを言ってたブリジットも、もう引き返せないところまできてしまってた。

それでもいいと思うようにまでなってた。

それって本当に愛してないと、自分を犠牲にしてまで協力できないことだと思います。

 

貸し倉庫の鍵を盗みに行ったブリジット。ヴェラにバレてしまう時のセリフ良かったです。

「私の助けが必要なの。悪いことだと思ってるけどもう引き返せない」

これを聞いて、ヴェラちゃんも協力するんですよね〜。

ヴェラもフランキーのことよく知ってるし、ブリジットには妊娠相談するまで心を許してる。

大切な友達にあんな目で懇願されてしまい、見逃すことにしたのでしょう。

立場的には絶対してはいけないこと。

だけど時として人は法律、規則とは関係なく善意で動くことがある。

AIにはできまい。

 

警察に捕まってしまった時のブリジットのシーンも良かったです。

フランキーの居場所を教えたら10年の罪を見逃してやると交渉を持ちかけられる。

私だったらどうするかな?

ここで自分が捕まったら貸金庫を開ける人がいなくなる。

とりあえずフランキーの居場所をリークして、貸金庫から証拠を集めてフランキーを救うと思います。

ブリジットはそうじゃなかった。

一筋の涙を流し、「私を逮捕してください」とだけ言う。

どんな理由であれ、フランキーを警察に売るのは裏切りと一緒だと判断したのでしょう。

イーマンの証拠を手に入れることができたら、2人の仲は崩れることないかもしれません。

もし証拠が見つからずフランキーが刑務所に戻ることになったら、どんなに理由を言ったとしても破局でしょう。

自分が考えた良かれと思っての行動は、時として相手にわかってもらえないことがあります。

人間関係、とくに恋人や夫婦の関係を良くしたいんだったら、『あなたのためにこうしよう』と推測で動くことではない。

相手を理解し、それが自分には理解できないことでも、その通りにしてあげることです。

まさに今回のブリジットの行動はそのものでした。

 

「最初はお節介な嫌な女だと思ってた、でも次会った時にはヤりたくなってた」

フランキー最高!

印象に残るってことは、すでに心の中にいるんですよね。

興味ない人は悪い印象すら残らない。

 

スポンサーリンク
 

 

フランキーの一連の行動を『わがまま』『自分勝手』と思う方もいるかもしれません。

たしかに、急に押しかけてきて「車でイーマンの家まで送って」と頼んだり、「怪我してるからここにきて」と呼び出すのは自己中。

ブリジット階段から落ちて怪我完治してません。家でゆっくり療養が必要ですからね。

それに、これを手助けしたら犯人隠避の罪に問われちゃう。

だけどこれを言えるのは、フランキーとブリジットの仲が深い証拠だと私は思ってます。

表面上は付き合っていても、相手に心を許せない時ってあります。

わがまま言いたいけど、言ったら負担になるかなって遠慮しちゃうこともあるけど、仲が深まると相手に頼ってもいいのかな?って気持ちになる。

お願いされるのも、相手が自分を頼ってくれてる証拠なので嬉しいものです。

フランキーが頼れるのはブリジットしかいない。

ブリジットもフランキーが頼れるのは恋人の私しかいないと思ってたはずです。

 

 

逆に窮地にいる恋人を救ったのは他の人で、自分は何も助けられなかったと後で知ったら虚しくないですか?

頼れる恋人ではないのだと、私なら悲しくなっちゃいます。

『利用されてる』のと『頼られてる』は紙一重なので、どう判断するかが難しいとこなんですけどね。

その人が好きなんだったら、たとえ利用されててもいいじゃないか!と思うタイプです。

おっと、こんなこと書いたら詐欺師に引っかかっちゃうかなww

 

いや〜、良かった。

フランキーが無罪になったのも良かったし、ブリジットが信じて進んだ道が報われて良かった。

私も愛する人々にブリジットみたいな行動ができたらいいのですが・・・

なんせ自衛本能が超備わってるので、ブリジットのようになるのは時間がかかりそうです。

 

他の感想は・・・

リズとソーニャ、どっちがうわ手なんだ?とか。

おカズ、「暴力反対!」言いながらも結局、暴力で解決しようとしたんかい!と突っ込みたくなったってとこですかね。

ウィルの精神状態がやばそうです。鼻の穴の大きさが左右違うのが気になります。

 

フランキー、無罪ってことはもうウェントワースに出ないのかな?

主要キャラがまた一人いなくなってしまったら、ウォーキング・デッドみたいにならないか心配です。。。

 

次回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

ウェントワース女子刑務所はhuluはで視聴できます。