海ドラ恋リア

恋愛リアリティショーが大好きな女の海外ドラマ感想ブログ

ウェントワース女子刑務所シーズン6第4話のネタバレ感想  アリーの過去が・・・

ウェントワース女子刑務所 シーズン6 第4話 あらすじ ネタバレ 感想

新メンバーが加入。

見た目はお上品なマダムですが、叩けばいっぱい出てきそうなタイプです。

 

前回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

あらすじ

ウェントワース女子刑務所にマリーという、売春斡旋業のマダムが入ってきた。

前科もなく、仕事でも違法行為は行ってないということだが、囚人たちの中にはマリーを敵対視してる者が多くいる。

マリーのボディーガードとして雇われたルビー。

ボデイガード以外の仕事もする羽目になる。

 

スポンサーリンク
 

マリーは一体、何者?

新人受刑者マリーがシーズン6を作っていくのではないでしょうか。

早速、囚人たちに目をつけられてしまうマリー。

はじめヴェラが「あなたは目立つから独居房に入れるわ」と言ってたけど、自ら「大丈夫だから一般房にして」と頼んでました。

その発言とは裏腹に、マリーへの差し入れの中にカミソリを仕込む者もいました。

これを食べたのがブーマーってのが、かわいそうだった。

口の中カミソリでザクザク切っちゃったら、何も食べれないですよね。

比較的、口内は治りが早いけど、1口サイズくらいのチョコレートの中に4枚くらい刃が仕込まれてた。

中学生や高校生のいじめとは訳が違う。嫌がらせが本格的すぎ!

 

売春婦のオーナーで、ドラッグも取り扱ってて、愛息子を亡くしたのはわかりました。

医者が病院で息子の名前間違って呼んでたけど、普通は間違えないよね。

息子が昏睡状態になった経緯も気になります。

 

アリーの元恋人というのも発覚。

おカズがマリーの元から救ったようです。

アリーもおカズも恨んでるようですが、マリーは『何も悪いことしてないよ』って顔してました。

ヤク中になったのはマリーのせいだと言ってたアリー。

マリーもドラッグするようですし、これはアリーの被害妄想の可能性も。。。

ドラッグだからすごく危険だけど、もしこれがお酒だったとしてマリーも飲み、アリーも飲み、アリーの方がたくさん飲みすぎちゃってアル中になったとしたら、アリーの自己管理がなってないだけじゃないですか?

リズの人のせいも腹たつけど、自分が手を染めといて「私はまだ子供だった」というのは違うでしょ。

子供といっても少なくとも高校生くらいですよね。

自分の身、守れないんだったら路上生活なんてするもんじゃない。

今の時点ではアリーの過去が少しだけ明らかになっただけ、どんどん知ることで「マリークソ!」と言ってるかもしれません。

 

マリーを擁護するわけではないけど、路上生活っ子が暖かい家で温かいご飯食べて、恋人にもなって、いい暮らししてたんだったら文句は言えないんじゃない?

ほとんどの人間関係なんて需要と供給。

自分を犠牲にできるくらいの存在なんて滅多に現れない。期待しないほうが自分のためです。(あ、すさんでるのバレちゃぅ〜)

リタの姉妹愛

ルビーがお金のためにマリーの用心棒をすることになりました。

用心棒だけでは済まず、ドラッグの運び屋までさせられることに。

それに気づいたリタが、ルビーの代わりにドラッグ運びを手伝う。

「これ飲み込んで破れたら死ぬわよ!」と説教しながらも、自分で飲み込んじゃうリタに無償の愛を感じました。

大玉飴くらいか、それ以上に大きかった。

面会中に運び屋とキスして口に移動させたんだろうけど、いやいや結構デカかったよ。

 

ルビーに危険なことはさせられないと、リタがマリーの用心棒をすることになる。

マリーは裏が超ありそう。

リタは、元々は善人でルビーのためウェントワースに来たようなものだから、この二人が次々と悪事を働くのは想像がつかない。

リタがうまいこと止めそう。

でも、それじゃあ面白みにかけるよね。

フランキーやファーガソンがいない今、注目株のマリーにはどんどん悪事に勤しんでもらわなきゃ!

スポンサーリンク
 

ウェントワース女子刑務所シーズン6第4話の感想

新メンバー、マリー参入で面白くなりそうなウェントワースですが、第4話では全くマリーがどんな人物なのかわかりません。

レズなのか、バイなのか、ウェントワースに来た目的があるのではないか?

入所した目的、息子の敵討ちだったりして。 

 

ソーニャの作業場への執念はすごいです。

なぜそんなにワークショップを再開したいのでしょう?

『やり甲斐』ではなく、何か裏がありそうです。

それにしても、犯人をスパイクになすりつけるとはお見事!

恋愛感情のもつれで殺したってのが一番動機として、しっくり来ます。

『好き』と『恨み』は紙一重。

恋人が自分の思い通りの行動を取ってくれない時は、悲しみより恨みの方が強くなるものかもしれませんね。

 

そしてウィル。

精神崩壊寸前です。

よくぞ、あの大役を引き受けたと拍手したいくらいです。

ファーガソンに恨みは持ってたけど、他の人たちより恨みレベルは低いよね。

毎回ウィルの精神状態を出してくるってことは、このシーズンでウィルは消えてしまうのか?

そしてフレッチャーはいきなり消えたけど、どうなった?

もう戻ってこなくていいけどね。

なかなかの黒い看守だったフレッチ。女好きは身を滅ぼしますね。

 

次回のあらすじ感想はこちら>>

umidoranichiria.hatenablog.com

 

ウェントワース女子刑務所はhuluはで視聴できます。